介護予防・日常生活支援総合事業に係る各種情報

総合事業に係る各種情報の詳細

サービス実施事業所等一覧

宍粟市内の総合事業サービス提供事業所の一覧です。

随時更新していく予定です。

 

指定事業所一覧 (PDF:40.8KB)

短時間通所サービス(ミニデイ)実施事業所一覧 (PDF:8.8KB)

サービスコード表

宍粟市の総合事業サービスコード表です。平成29年4月以降から、順次

このサービスコードを使用します。

A1:介護予防訪問サービス(みなし指定あり)

A2:介護予防訪問サービス(みなし指定なし)

A3:家事援助訪問サービス

A5:介護予防通所サービス(みなし指定あり)

A6:介護予防通所サービス(みなし指定なし)

A7:自立支援通所サービス

AF:介護予防ケアマネジメントサービス

サービスコード表 (EXCEL:113.7KB)

サービスコード表 (PDF:106KB)

(ご注意)暫定版のものから追加変更している箇所がありますのでご注意ください。

 家事援助訪問サービス(A3)及び自立支援通所サービス(A7)のうち、加算に係る項目番号等が追加変更となっています。

 

A2、A3、A6、A7、AFのサービスコードマスタは次のとおりです。

みなし指定あり(A1、A5)は、国保中央会のとおりです。

総合事業単位表マスタ (CSV:46.9KB)

(注意)総合事業単位表マスタは国保中央会のテスト中のものですので、テスト結果により変更する場合があります。

総合事業Q&A

事業所のみなさんから寄せられた質問などについて随時回答する予定です。

総合事業Q&A(PDF:96.7KB)

関係実施要綱

宍粟市地域支援事業実施要綱を制定いたしましたのでお知らせします。

宍粟市地域支援事業実施要綱(PDF:246.6KB)

介護予防支援業務委託料請求書について

平成29年4月からの介護予防支援および介護予防ケアマネジメント業務の委託に伴う代金の請求書の様式です。

 

介護予防支援業務委託料請求書(様式1)(WORD:36KB)

介護予防支援業務委託料請求書(様式2)(EXCEL:29KB)

 

 

 

生活支援サポーター養成研修

詳細

「緩和した基準による訪問型サービス」の従事者に必要な研修です

「緩和した基準による訪問型サービス」とは、高齢者の自宅を訪問し掃除や買い物といった一般的な家事を支援するサービスです。

これまでの制度では有資格者のヘルパー(訪問介護員)がその部分を担っていましたが、一定の研修を受けた方でもこのサービスに従事することができるようになります。

宍粟市では、その新たなサービスの従事者を養成する「生活支援サポーター養成研修」を平成29年度から開催します。

なお、兵庫県及び「兵庫県緩和した基準によるサービスの担い手養成研修標準カリキュラム」と同一カリキュラムを実施している市町の研修修了者も宍粟市の緩和した基準による訪問型サービスの従事者として勤務することができます。

生活支援サポーター養成研修の受講生を募集

この研修は、播磨科学公園都市圏域定住自立圏構想連携事業として「たつの市」、「宍粟市」、「上郡町」、「佐用町」と合同で開催します。

【日時】

平成29年11月15日(水曜日)・11月16日(木曜日)の午前9時30分から午後5時まで

【場所】

たつの市新宮ふれあい福祉会館2階研修室(たつの市新宮町平野111-1)

【定員】

40名(先着順)

【対象者】

研修修了後に、播磨科学公園都市圏域定住自立圏域内(たつの市、宍粟市、上郡町、佐用町)の緩和した基準による訪問型サービスを実施する介護事業所に従事者として就業を希望する方

【受講費用】

無料

【研修内容】

講義形式(1日6時間×2日間で計12時間)

【申込方法】

受講申込書に記入の上、申し込みください(ファックスでも可)

受講申込書 (WORD:15.2KB)はこちらからダウンロード出来ます

【申込先】

宍粟市地域包括支援センター

【申込期間】

平成29年9月15日(金曜日)から10月31日(火曜日)

お問い合わせ先
宍粟市地域包括支援センター 
〒671-2573 
宍粟市山崎町今宿5番地15 
電話番号:0790-63-3160 
ファックス番号:0790-63-3175 
メールフォームでのお問い合せはこちら