一定以上所得者の介護保険利用者負担割合の見直しについて

一定以上所得者の利用者負担割合の見直しについて(平成27年8月から)

65歳以上(第1号被保険者)の方が、介護サービスを利用するときの負担割合は原則1割ですが、平成27年8月から、一定以上の所得がある方については、負担割合が2割になります。

負担割合が2割になる方は、本人の合計所得金額が160万円以上(公的年金収入に換算すると280万円以上)の方です。

ただし、年金収入とその他の合計所得金額の合計が単身で280万円未満、65歳以上(第1号被保険者)の方が2人以上いる世帯では世帯の合計が346万円未満の場合は、負担割合が1割のままになります。

保険料滞納に伴う給付制限(給付額の減額措置)が行われている方の負担割合は、現行と同様に3割負担となります。

介護保険負担割合証の交付について

要介護認定を受けている全ての方に負担割合(1割又は2割)が記載された「介護保険負担割合証」を交付します。

平成27年8月から、「介護保険被保険者証」とともに介護サービスを利用するときに必要になります。

有効期間は、毎年8月1日~翌年7月31日です。負担割合の判定及び介護保険負担割合証の送付は、7月下旬を予定しております。

受領後、ご自身の負担割合を確認していただくとともに、ケアマネジャー及び介護サービス事業所に被保険者証と一緒に負担割合証を提示していただきますようお願いします。

お問い合わせ先
健康福祉部 介護福祉課 
〒671-2573 
宍粟市山崎町今宿5番地15 
電話番号:0790-63-3160 
ファックス番号:0790-63-3175 
メールフォームでのお問い合せはこちら