障害児通所支援

児童発達支援

 

支援の内容

 日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練、その他必要な支援を行う。

対象者

 療育の観点から集団療育及び個別療育を行う必要があると認められる主に未就学の障がい児。

 具体的には次のような例が考えられる。

 保育所や幼稚園に在籍しているが、併せて、指定児童発達支援事業所において、専門的な療育・訓練を受ける必要があると認められた児童。

医療型児童発達支援

支援の内容

 児童発達支援及び治療を行う。

対象者

 肢体不自由があり、理学療法等の機能訓練又は医療的管理下での支援が必要であると認められた障がい児。

放課後等デイサービス

支援の内容

 生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進その他必要な支援を行う。

対象者

 学校教育法第一条に規定している学校(幼稚園及び大学を除く。)に就学しており、授業の終了後または休業日に支援が必要と認められた障がい児。

保育所等訪問支援

支援の内容

 障がい児以外の児童との集団生活への適応のための専門的な支援その他必要な支援を行う。

対象者

 保育所その他の児童が集団生活を営む施設として厚生労働省令で定めるものに通う障がい児であって、当該施設を訪問し、専門的な支援が必要と認められた障がい児。

お問い合わせ先
健康福祉部 障害福祉課 
〒671-2573 
宍粟市山崎町今宿5番地15 
電話番号:0790-63-3101 
ファックス番号:0790-63-3062 
メールフォームでのお問い合せはこちら