風しんの抗体検査と予防接種 無料で

広報ID 8509

更新日:2021年04月12日

風しんの公的接種を受ける機会がなかった「昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性」を対象に、令和4年3月31日までの期間に限り、風しんの抗体検査と予防接種を無料で実施しています。対象者には郵送で無料クーポン券が届きます。
平成30年7月以降の風しんの発生状況をふまえ平成31年2月に予防接種法が改正されたためです。

風疹とは

風しんは、風しんウイルスによっておこる感染症です。主な症状は発疹や発熱、首の後ろのリンパ節の腫れで、そのほかに咳や鼻汁、目が赤くなるなどの症状もみられます。潜伏期間は2週間から3週間です。 また妊娠初期の女性が風しんに感染すると、赤ちゃんが先天性風しん症候群(心臓病、白内障、難聴など)を発症する可能性が高くなります。

対象者

抗体検査

風しんの抗体検査の対象者は市内に住民登録がある昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性です。
なお、次のいずれかに該当する人は抗体検査を受ける必要はありませんが、希望すれば受けることができます。

  • これまでに風しんにかかったことがある人
  • これまでに風しんの予防接種を受けたことがある人
  • 平成26年4月以降に受けた風しん抗体検査の結果が陽性だった人

予防接種

風しんの予防接種の対象者は抗体検査を受けた人のうち「十分な量の風しんの抗体がない」と検査結果が出た人です。

実施期限

令和4年3月31日

料金

無料

ただし、クーポン券を持参しない場合は、全額自己負担となります。

実施医療機関

市内の実施医療機関は、宍粟市内風しん抗体検査・予防接種実施機関一覧(PDFファイル:380.7KB)をご覧ください。風しんの抗体検査は市の特定健診会場でも受診できます。
なお、全国の実施医療機関は、厚生労働省公式サイトをご覧ください。

抗体検査・予防接種の受け方

1. クーポン券が届く

令和元年度は「昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性」に対してクーポン券を発送しました。
令和2年度は、「昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性」を対象にクーポン券を発送しました。
なお、クーポン券は記載の有効期限にかかわらず、令和4年3月31日まで使えます。

2. 風しんの抗体検査を受ける

事前に実施機関に風しんの抗体検査を予約し、受診日当日はクーポン券と本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など)を持参ください。
平成26年4月以降に風しんの抗体検査を受け、風しんの抗体がないと判定されている場合は検査結果を実施機関に提出すれば、抗体検査を受けずに予防接種が受けられます。

3. 予防接種を受ける

風しんの抗体検査を受けた結果、十分な量の抗体がないと判定された人は、予防接種実施機関で予防接種を受けてください。接種日当日はクーポン券と本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)を持参ください。
ワクチンの在庫状況によりすぐに接種できない場合もありますので、事前に実施機関へ確認ください。

受診する時点で住民登録している自治体とクーポン券に記載されている自治体が異なる場合はクーポン券が使えません。住民登録している市区町村で再発行されたクーポン券を持参してください。

クーポン券の発行

宍粟市へ転入してきた人、クーポン券を紛失した人は、保健福祉課または各保健福祉課へご連絡ください。宍粟市風しんクーポン券発行申請書(PDFファイル:469.3KB)に必要事項を記入のうえ提出してください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 保健福祉課
〒671-2573
宍粟市山崎町今宿5番地15
電話番号:0790-62-1000
ファックス番号:0790-62-6354

メールフォームでのお問い合せはこちら