一定以上所得者の介護保険利用者負担割合の見直しについて

一定以上所得者の利用者負担割合の見直しについて(平成27年8月から)

65歳以上(第1号被保険者)の方が、介護サービスを利用するときの負担割合は原則1割ですが、平成27年8月から、一定以上の所得がある方については、負担割合が2割になります。

介護保険負担割合証の交付について

要介護認定を受けている全ての方に負担割合(1割又は2割)が記載された「介護保険負担割合証」を交付します。

平成27年8月から、「介護保険被保険者証」とともに介護サービスを利用するときに必要になります。

有効期間は、毎年8月1日から翌年7月31日です。負担割合の判定及び介護保険負担割合証の送付は、7月下旬を予定しております。

要介護認定を受けている方については、7月下旬に送付しますので、サービス提供に当たっては、必ず介護保険負担割合証を確認してください。

なお、介護保険料の滞納により給付額減額の措置を受けている方については、介護保険負担割合証の記載に関わらず3割負担になりますので、これまでと同様に介護保険被保険者証を確認してください。

お問い合わせ先
健康福祉部 介護福祉課 
〒671-2573 
宍粟市山崎町今宿5番地15 
電話番号:0790-63-3160 
ファックス番号:0790-63-3175 
メールフォームでのお問い合せはこちら