過疎地域自立促進計画(H28~H32)

 平成28年度から平成32年度を計画期間とする過疎地域自立促進計画(案)が、平成27年12月18日の宍粟市議会(第67回宍粟市議会定例会)において可決されました。

 

 宍粟市は、「過疎地域自立促進特別措置法」(過疎法)により旧波賀町地域と旧千種町地域が過疎地域に指定されており、過疎法に基づく「過疎地域自立促進計画」により、過疎対策事業を推進します。

【過疎地域とは】
 
人口の著しい減少により、地域社会の活力が低下している地域で、過疎法に定められた要件を満たす地域を指します。

【過疎地域自立促進計画とは】
 
過疎地域の指定を受けた市町村は、過疎法の規定に基づき、議会の議決を経て「過疎地域自立促進計画」を定めることができます。この計画には、過疎地域の自立促進に向けた基本的方針や対策(施策や事業)などについて定めることとなっており、この計画に基づく事業にあたっては、過疎対策事業債(過疎債)等により財政上の支援を受けることができます。

当初計画

過疎地域自立促進計画(当初) (PDF:1.3MB)

平成28年9月変更

過疎対策事業の追加等に伴い、過疎地域自立促進計画の一部を変更しました。

(H28年9月変更)過疎地域自立促進計画 (PDF:1.3MB)

平成29年3月変更

過疎対策事業の追加等に伴い、過疎地域自立促進計画の一部を変更しました。

 (H29年3月変更)過疎地域自立促進計画 (PDF:776.1KB)

お問い合わせ先
企画総務部 地域創生課 
〒671-2593 
宍粟市山崎町中広瀬133番地6 
電話番号:0790-63-3066  
ファックス番号:0790-63-3060 
メールフォームでのお問い合せはこちら