人権に関する新しい法律が施行されました

 部落差別は他国に類を見ない日本固有の人権問題です。

 部落差別については、情報化社会の進展に伴うインターネット上の差別書き込みや、土地差別、身元調査などの実態があり、決して過去のことではありません。

 そのような状況を踏まえ、部落差別を解消していく必要性の理解を深め、部落差別のない社会を実現するために平成28年12月に制定されたのが、「部落差別の解消の推進に関する法律(略称「部落差別解消法」)」です。

 また、同時期に障がいがある人への差別解消を目的とした「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(略称「障害者差別解消法」)」(平成28年4月)、特定民族や他国籍の人々への差別的言動を規制する「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律(略称「ヘイトスピーチ規制法」)」(平成28年6月)などが施行されています。

 部落差別、障がい者差別、外国人差別に限らず、「そのうち差別はなくなる」と何もせず放っておくのではなく、あらゆる差別のない社会、人権が尊重される宍粟市の実現に向けて、私たち一人ひとりが人権意識を高め、差別をしない、差別をなくすという強い意志をもち、誤った考えや偏見に惑わされない生き方をしていきましょう。

部落差別の解消の推進に関する法律

  • 法律条文

部落差別の解消の推進に関する法律(PDF:130.6KB)

関連資料

  • リーフレット「人権文化をすすめるために」(兵庫県・(公財)兵庫県人権啓発協会)

リーフレット「人権文化をすすめるために」1(PDF:1.8MB)

リーフレット「人権文化をすすめるために」2(PDF:1.6MB)

  • 部落差別解消法周知用パンフレット(法務省・全国人権擁護委員連合会)

部落差別解消法周知用パンフ(PDF:326.9KB)

お問い合わせ先
まちづくり推進部 人権推進課
〒671-2576
宍粟市山崎町鹿沢65番地3
宍粟防災センター2階
電話番号:0790-63-0840
ファックス番号:0790-63-0841
メールフォームでのお問い合せはこちら