宍粟材推進会議について

日本人は古来より木と共に暮らし、森林と共生関係をつくってきました。日本の森林は戦時中の過伐で山が荒れたため、50年前頃からたくさんの杉・桧が植えられ、木は山で静かに生長してきました。これらは今、伐期を向かえつつあり伐採利用されなければ山は荒廃します。宍粟においても現状は同じです。森林は水源かん養(水を蓄える機能)や二酸化炭素を固定して地球温暖化を防止するなど、多くの公益的機能を有しています。それを守るため、私たちは地域材である宍粟材の利用推進に取り組んでいます。

お問い合わせ先
産業部 林業振興課
〒671-2593
宍粟市山崎町中広瀬133番地6
電話番号:0790-63-3065
ファックス番号:0790-63-1282
メールフォームでのお問い合せはこちら