みなとモデル二酸化炭素固定認証制度

みなとモデル二酸化炭素固定認証制度

 宍粟市は、平成24年2月に東京都港区と「間伐材を始めとした国産材の活用促進に関する協定」を締結して、宍粟市の森林整備を促進し、森林の二酸化炭素吸収量を増大させることにより、国内林業の活性化及び低炭素社会の実現を目指します。

制度の目的

 港区の公共施設・民間建築物等での国産材の利用を促進することで、港区内の二酸化炭素の固定量の増加、森林整備による二酸化炭素の吸収の促進を図り、地球温暖化防止に貢献する。

登録事業者となる条件

 以下のいずれかの事項を満たす森林から産出された木材及び木材製品を供給することができるもの

  • 森林法第5条に定める森林であり、同法第11条の規定に基づき、市町村長から森林施業計画が適当である旨の認定を受けている。
  • 独立した認証機関による森林認証(FSC、SGEC等)を受けており、森林法第11条の規定に基づく森林施業計画と同等の施業計画を有している。
  • 森林法第2条第3項に定められる国有林であり、同法第7条の2の規定に基づき地域別の森林計画がたてられている。

登録事業者が行う業務

  • 供給可能な木材及び木材製品に関する情報提供

 供給可能な木材及び木材製品の名称、寸法、外観、品質規格、希望販売価格、標準製作期間(注文から納品に要する時間)、年間生産量などの情報を毎年、宍粟市に提供する。

  • 協定木材の供給

 登録事業者は、製品を出荷する際に「uni4m」マークを納品書や商品にラべリングを行う。

「uni4m」マーク・・・協定木材であることを示すもので、宍粟市から登録事業者へ配布するマーク。

  • 1次加工を担う登録事業者は、原木の受領時に販売元に伐採地を照会し、協定木材については、分別管理のうえ、出荷時に商品及び納品書に「uni4m」マークをラべリングする。
  • 2次加工以降を担う登録事業者は、半製品の受領時に「uni4m」マークの有無を確認し、「uni4m」マークがラべリングされていたもの(協定木材)については、分別管理のうえ、出荷時に商品及び納品書に「uni4m」マークをラべリングする。
  • 宍粟市に年度毎に協定木材の供給実績を記録し、報告する。

登録するための提出書類

協定木材の供給に係る事業者登録申請書、添付書類(製品一覧)

様式等

事業者登録申請書(WORD:53.5KB)

申請書記入例(PDF:121.5KB)

添付書類(製品一覧)(EXCEL:39.5KB)

製品一覧記入例(PDF:150.3KB)

書類作成にあたっての注意事項(PDF:140.2KB)

 提出期限

 随時、申請書の受付・登録を行います。

 提出方法

 郵送、持参どちらでも構いません。

 紙ベース2部とメールによるデータの提出をお願いします。

関連ホームページ

東京都港区ホームページ

提出・問い合わせ先

産業部 林業振興課

電話番号:0790-63-3065

ファックス番号:0790-63-1282

産業部 林業振興課へメールを送信

お問い合わせ先
産業部 林業振興課
〒671-2593
宍粟市山崎町中広瀬133番地6
電話番号:0790-63-3065
ファックス番号:0790-63-1282
メールフォームでのお問い合せはこちら