被保険者証が使えないとき

こんなときは保険証が使えません

次のようなときは、国保は給付の対象外となり全額自己負担になったり、給付が制限されします。

病気とみなされないとき

  • 健康診断
  • 人間ドック
  • 予防注射
  • 美容整形
  • 歯列矯正
  • 正常な妊娠、分娩
  • 経済上の理由による妊娠中絶など

労災保険の対象となるとき

業務上(仕事・通勤途上)の病気やケガは、雇用主が負担するべきものですので国保の給付はありません。手続きに関しては雇用主に問い合わせてください。

こんなときは給付が制限されます

  • 故意の犯罪行為や故意の事故
  • けんかや泥酔による病気やケガ
  • 医師や保険者の指示に従わなかったときなど

関連リンク

国民健康保険(資格)加入・喪失・変更

国民健康保険第三者行為による傷病届

お問い合わせ先
市民生活部 市民課
〒671-2593
宍粟市山崎町中広瀬133番地6
電話番号:0790-63-3108
ファックス番号:0790-62-2987
メールフォームでのお問い合せはこちら