入院した時の食事代について

入院時の食事代がかかったとき

入院時食事療養費

国民健康保険の被保険者が入院したときの食事代については、下記の表の額を支払うだけで残りは国民健康保険が負担します。 

平成30年4月1日から食事代の自己負担額が見直されています。

平成30年4月1日から、一般所得(住民税課税世帯)の食事代の自己負担が1食360円から460円に変更になっています。住民税非課税世帯、低所得2、低所得1の自己負担額は変更ありません。

 

 

入院時食事代の標準負担額(1食)
  平成30年3月まで 平成30年4月から
一般所得(住民税課税世帯) 360円 460円
・住民税非課税世帯
・低所得2 
90日までの入院 210円 210円
過去12ヶ月で90日を超える入院 160円 160円
低所得1 100円 100円

 

入院時生活療養費 (65歳以上の人が療養病床に入院したとき)

国民健康保険の被保険者で65歳以上の人が療養病床に入院したときの食費と居住費については、下記の表の額を自己負担します。疾病などにより、負担が軽減される場合があります。

入院時生活療養費
  食費(1食あたり) 居住費(1日あたり)
一般所得 (住民税課税世帯)

460円

(一部医療機関では420円)

370円
・住民税非課税世帯  210円
・低所得2 
低所得1 130円

・入院医療の必要性の高い状態が継続する患者及び回復期リハビリテーション病棟に入院している方については、上記の「入院時食事代の標準負担額」と同額の食事代を負担します。

関連リンク

国民健康保険(資格)加入・喪失・変更

国民健康保険(給付)療養費

国民健康保険(給付)高額療養費

お問い合わせ先
市民生活部 市民課
〒671-2593
宍粟市山崎町中広瀬133番地6
電話番号:0790-63-3108
ファックス番号:0790-62-2987
メールフォームでのお問い合せはこちら