雇用を維持する事業主に支援金 受付終了

広報ID 13689

更新日:2022年01月12日

「宍粟市雇用維持支援金」の受付は終了しました

対象者

市内に事業所を設置する事業者(ただし、市税や上下水道料金に滞納がないこと)

対象者か確認を

支援対象事業者であるか、支援対象フロー図(PDFファイル:68.2KB)をご確認ください。

内容

休業手当関連支援

次の条件を満たした事業所が対象です。

  • 厚生労働省が実施する「雇用調整助成金」または「緊急雇用安定助成金」の支給決定を受けた事業主
  • 令和2年1月24日から令和3年11月30日までの間に、対象従業員の解雇や雇止めを行っていない事業主

留意事項

  • この支援金の「対象従業員」とは、新型コロナウイルス感染症の影響により、雇用調整助成金または緊急雇用安定助成金の支給対象従業員に該当し、現市内事業所に勤務する従業員の実人数とします。
  • 申請日において、対象従業員が自己都合退職や定年退職などの解雇や雇用止め以外の場合でも申請日に事業所に在籍していない場合は給付額の算定には含みません。
  • 雇用調整助成金または緊急雇用安定助成金を申請時に市内事業所に勤務しており、現在も市内事業所に勤務する従業員が対象です。

新規雇用関連支援

令和3年4月1日から11月30日までの間に新規採用者を雇い入れた事業主が対象です。

留意事項

  • 新規採用者とは令和3年4月1日時点で24歳以下で、新規採用時点で市内に住所を有し、社会保険に加入している人とします。
  • 申請時点で継続雇用していることが必要です。
  • 4月1日正式採用者を3月中に研修等で雇用する場合は4月1日の新規採用者とみなします。
  • 令和3年4月1日以降に創業した事業者は対象外です。
  • 新規雇用関連支援金のみの申請は令和2年4月1日から新規採用した月までの売上高が前年または、前々年の同月と比較して5パーセント以上減少している場合が対象です。

支給額

休業手当関連支援と新規雇用関連支援の合計給付額の上限は、1事業者あたり100万円です。

休業手当関連支援

定額10万円に対象従業員1人あたり1万円を加算した額とし、申請後、新たに対象従業員が生じた場合は、加算額のみを給付します。

新規雇用関連支援

定額10万円に、新規採用者1人あたり1万円を加算した額とし、申請後、対象期間内に対象となる新規採用があった場合は、加算額のみを給付します。

申請期限

令和3年12月24日

その他

厚生労働省が実施する「雇用調整助成金」と「緊急雇用安定助成金」は、厚生労働省公式サイト(外部リンク)をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

産業部 商工観光課
〒671-2593
宍粟市山崎町中広瀬133番地6
電話番号:0790-63-3127 
ファックス番号:0790-63-1282

メールフォームでのお問い合せはこちら