令和5年度子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)

広報ID 17137

更新日:2023年06月07日

食費等の物価高騰に直面し、影響を特に受ける低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、国の「子育て世帯生活支援特別給付金」が支給されます。

この給付金は、低所得の子育て世帯に対する生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)と重複して支給を受けることはできません。

支給対象者

次の3つの条件のいずれかに該当する人

  1. 令和4年度子育て世帯生活支援特別給付金の支給対象者
  2. 令和5年度の住民税(均等割)が非課税の人
  3. 令和5年1月以降の家計が急変し、収入が住民税(均等割)非課税相当となった人(家計急変世帯の人)

給付額

対象となる児童一人当たり一律5万円

対象児童・申請手続き・支給時期

対象児童、申請手続、支給時期は、要件によって異なりますので、以下の内容をよくご確認ください。

1.令和4年度子育て世帯生活支援特別給付金の支給対象者

対象児童

令和4年度子育て世帯生活支援特別給付金の対象児童(令和4年3月31日時点で18歳未満の児童。ただし、障がいのある児童の場合は20歳未満。)

申請手続き

申請不要です。

支給方法

令和4年度子育て世帯生活支援特別給付金を支給した口座に振り込みます。

支給日

令和5年5月30日に支給完了

その他

  1. 以下に該当する場合も本給付金の対象となります。
    • 宍粟市から転出した場合(海外への転出も含む)
    • 離婚等によって児童を監護していない場合(現在、児童を監護している方へ同給付金が支給されている場合は除く)
    • 対象児童が死亡した場合
  2. 令和4年度子育て世帯生活支援特別給付金の受給者が死亡した場合は、現在、対象児童を養育している方へ支給します。

2.令和5年度の住民税(均等割)が非課税の方

対象児童

令和5年3月31日時点で18歳未満の児童(障がいがある児童の場合は20歳未満)

注意

令和5年4月1日から令和6年2月29日までに生まれた新生児も対象になります。

申請手続き

申請が必要です。

支給対象となる場合は、申請書に必要事項を記入し、添付書類を添えて提出(郵送可)してください。審査の結果は郵送でお知らせします。

  • 父母が共に児童を養育している場合は、児童の生計を維持する程度の高い方(通常、所得が高い方)が申請者になります。
  • 申請時点で住民登録のある市町村に申請してください。
  • 令和5年度住民税(市県民税)が未申告の場合は、申告後に申請を行ってください。

申請様式

添付書類

添付書類は次のとおりですが、家庭の状況によって別のものも必要になる場合があります。

  • 本人確認書類の写し(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 受取口座を確認できる通帳等の写し(申請者名義の口座に限ります。)

その他

  1. 児童手当を所属庁(職場)から受給している公務員の方は、申請書の受給状況証明が必要です。
  2. 施設の設置者はこの給付金は対象外です。(里親は対象となります。)

3.家計が急変した方

対象児童

令和5年3月31日時点で18歳未満の児童(障がいがある児童の場合は20歳未満)

注意

令和5年4月1日から令和6年2月29日までに生まれた新生児も対象になります。

申請手続き

申請が必要です。

支給対象となる場合は、申請書に必要事項を記入し、添付書類を添えて提出(郵送可)してください。審査の結果は郵送でお知らせします。

  • 父母が共に児童を養育している場合は、児童の生計を維持する程度の高い方(通常、所得が高い方)が申請者になります。
  • 申請時点において、住民登録のある市町村に申請してください。

申請様式

収入での判定で基準額を超過した場合は、所得での判定ができます。「簡易な収入額の申立書」と併せて提出してください。
なお、判定は、個人住民税(均等割)の非課税(相当)限度額(PDFファイル:122.1KB)にてご確認ください。

添付書類

添付書類は次のとおりですが、家庭の状況によって別のものも必要になる場合があります。

  • 本人確認書類の写し(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 受取口座を確認できる通帳等の写し(申請者名義の口座に限ります。)
  • 令和5年1月以降の任意の1か月分の給与明細、事業収入の帳簿等の収入額が分かる書類の写し

その他

  1. 児童手当を所属庁(職場)から受給している公務員の方は、申請書の受給状況証明が必要です。
  2. 施設の設置者はこの給付金は対象外です。(里親は対象となります。)

申請期限

令和6年2月29日(消印有効)

ただし、2月生まれの新生児分については令和6年3月15日まで申請可能です。
申請期間内に申請がない場合は、給付金が受け取れません。

注意事項

  • 給付金の支給後、給付金の支給要件に該当しないことが判明した場合には、給付金を返還していただきます。
  • 住民税(均等割)非課税を理由に給付金が支給された後に、修正申告により住民税(均等割)が課税されるようになった場合は、社会福祉課まで連絡してください。

離婚やDV避難により配偶者と別居して子育てをするようになった人へ

離婚した人やDV避難中の人は、給付金をご自身で受給できる場合がありますので、社会福祉課までご相談ください。

受付窓口

  • 健康福祉部 社会福祉課
    〒671-2573宍粟市山崎町今宿5番地15
    電話番号:0790-63-3067
  • 健康福祉部 一宮保健福祉課
    〒671-4192宍粟市一宮町安積1347番地3
    一宮市民協働センター「いちのぴあ」内
    電話番号:0790-72-2100
  • 健康福祉部 波賀保健福祉課
    〒671-4241宍粟市波賀町安賀232番地1
    メイプル福祉センター内
    電話番号:0790-75-8800
  • 健康福祉部 千種保健福祉課
    〒671-3223宍粟市千種町室1060番地1
    千種保健福祉センター・エーガイヤちくさ内
    電話番号:0790-76-8600

お問い合わせ先

厚生労働省コールセンター

受付時間:平日9時~18時
電話番号:0120-400-903

関連リンク

「振り込め詐欺」や「個人情報の搾取」にご注意ください

ご自宅や職場などに、都道府県・市区町村や厚生労働省(の職員)などをかたった不審な電話や郵便があった場合は最寄りの警察署にご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 社会福祉課
〒671-2573
宍粟市山崎町今宿5番地15
電話番号:0790-63-3067
ファックス番号:0790-63-3140

メールフォームでのお問い合せはこちら