令和5年度子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

広報ID 17139

更新日:2023年06月07日

「子育て世帯生活支援特別給付金」が低所得のひとり親世帯に支給されます。
児童1人当たり一律5万円が受け取れます。

児童扶養手当受給者は申請不要ですが、それ以外の人は申請が必要です。
食費等の物価高騰に直面し、影響を特に受ける低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活支援を行う観点から、国の子育て世帯支援として新たに給付金を支給するものです。

対象者

支給対象者は児童扶養手当受給者など次表の区分に該当する低所得のひとり親世帯の人です。
なお、支給対象者1の区分に該当する人は申請不要ですが、支給対象者2および3に該当する人方は申請が必要です。

支給対象者の区分
区分 説明
支給対象者1

令和5年3月分の児童扶養手当の支給を受けている人または令和5年4月分から新たに児童扶養手当の支給を受ける人(申請不要)

支給対象者2

公的年金等を受給していることにより、令和5年3月分の児童扶養手当の支給を受けていない人
ただし、申請者及び扶養義務者等の前々年(令和3年1月から令和3年12月)の年間収入が、児童扶養手当に係る支給制限限度額を下回る人に限ります。

支給対象者3

令和5年3月分の児童扶養手当は受給していないが、食費等の物価高騰の影響を受けて家計が急変し、収入が児童扶養手当を受給している人と同じ水準になっている人

注意事項

  • 児童扶養手当法に定める「養育者」も給付の対象となります。
  • 公的年金等とは遺族年金、老齢年金、労災年金、遺族補償等をいいます。
  • 支給対象者2については、既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている人だけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば、令和5年3月分の児童扶養手当の支給が全額または一部停止されたと推測される人も対象となります。
  • 支給対象者3については、児童扶養手当を受給されていない人や令和5年4月以降に児童扶養手当の申請をした人で、本人および扶養義務者等の令和5年1月以降の収入が減少し、支給要件に該当する人も対象となります。1年間の収入見込額については、令和5年1月以降の任意の1か月の収入を12倍して計算します。

対象児童

支給対象者の区分によって、次のとおり対象児童が異なります。

支給対象者1

令和5年3月分の児童扶養手当の支給要件に該当する児童(平成16年4月2日以降に生まれた児童、障がいのある児童の場合は平成15年3月2日以降に生まれた児童)

注意

令和5年4月分から新たに児童扶養手当の支給を受ける場合は、令和5年4月分の児童扶養手当の支給要件に該当する児童(平成17年4月2日以降に生まれた児童、障がいのある児童の場合は平成15年4月2日以降に生まれた児童)

支給対象者2

令和5年3月分の児童扶養手当の支給要件に該当する児童(平成16年4月2日以降に生まれた児童、障がいのある児童の場合は平成15年3月2日以降に生まれた児童)

注意

令和5年3月1日以降に生まれた児童は対象外です。

支給対象者3

申請時点で児童扶養手当の支給要件に該当する児童(18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童、障がいのある児童の場合は20歳未満)

支給額

児童1人当たり一律5万円

支給日

支給対象者1

令和5年5月19日に支給完了(令和5年4月分から新たに児童扶養手当の支給を受ける場合は認定後、順次支給)

支給対象者2、3

支給申請を受理後、順次支給

申請方法

支給対象者1

支給は完了しました。

申請は不要

支給対象者1に該当する、令和5年3月分または令和5年4月分の児童扶養手当を受給している人は申請は不要です。児童扶養手当を受給している口座へ5月19日(令和5年4月分から新たに児童扶養手当の支給を受ける場合は認定後、順次支給)に振り込みます。

支給対象者2

ただいま申請を受付中です。

申請が必要

支給対象者2に該当する公的年金などの受給者は申請が必要です。申請書に必要事項を記入し添付書類を添えて、申請時点に居住している市区町村へ持参または郵送で提出してください。審査の結果は郵送で届きます。なお、支給日は郵送する通知書でご確認ください。

申請様式

扶養義務者が複数いる場合はすべての人について申立書を作成してください。

収入の判定で不利になる場合は、所得で判定ができます。簡易な収入額の申立書とあわせて提出してください。

添付書類

添付書類は次のとおりですが、家庭の状況によって別の書類も必要になる場合があります。

  • 令和3年1月から令和3年12月の任意の1か月分の給与明細
  • 年金振込通知書等の収入額が分かる書類の写し
  • 本人確認書類の写し(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 受取口座を確認できる通帳等の写し
  • 児童扶養手当の支給要件を確認できる書類(戸籍謄本など)

支給対象者3

ただいま申請を受付中です。

申請が必要

支給対象者3に該当する、児童扶養手当は受給していないが食費等の物価高騰の影響で家計が急変した人は、申請が必要です。必要事項を記入した申請書に添付書類を添えて、申請時点に居住している市区町村へ持参または郵送で提出してください。審査の結果は郵送でお知らせします。なお、支給日は郵送する通知書でご確認ください。

申請様式

「簡易な収入見込み額の申立書」は、扶養義務者がいる場合、収入が最も高い人について申立書を作成してください。

収入での判定で不利になる場合は、所得での判定ができます。「簡易な収入額の申立書」と併せて提出してください。
なお、所得控除は「控除対象一覧表」(PDFファイル:319.1KB)にてご確認ください。

添付書類

添付書類は次のとおりですが、家庭の状況によって別のものも必要になる場合があります。

  • 令和5年1月以降の任意の1か月分(児童扶養手当の受給資格となった後の1か月)の給与明細、年金振込通知書等の収入額が分かる書類の写し
  • 本人確認書類の写し(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 受取口座を確認できる通帳等の写し
  • 児童扶養手当の支給要件を確認できる書類(戸籍謄本など)

申請期限

令和6年2月29日(消印有効)
申請期間内に申請がない場合は、給付金が受け取れません。

受付窓口

  • 健康福祉部 社会福祉課
    〒671-2573宍粟市山崎町今宿5番地15
    電話番号:0790-63-3067
  • 健康福祉部 一宮保健福祉課
    〒671-4192宍粟市一宮町安積1347番地3
    一宮市民協働センター「いちのぴあ」内
    電話番号:0790-72-2100
  • 健康福祉部 波賀保健福祉課
    〒671-4241宍粟市波賀町安賀232番地1
    メイプル福祉センター内
    電話番号:0790-75-8800
  • 健康福祉部 千種保健福祉課
    〒671-3223宍粟市千種町室1060番地1
    千種保健福祉センター・エーガイヤちくさ内
    電話番号:0790-76-8600

その他

「ひとり親世帯以外の子育て世帯」への給付金について(概要)

次の対象となる人に、児童一人当たり5万円を支給します。

  1. 令和4年度子育て世帯生活支援特別給付金(その他世帯分)を受給された人(申請不要で、令和5年5月31日に支給予定です。)
  2. 1以外の児童手当または特別児童扶養手当の受給者で、令和5年度住民税が非課税の人(申請が必要です。)
  3. 1以外の高校生のみを養育している人等で、令和5年度住民税が非課税の方(申請が必要です。)
  4. 1以外の家計急変により直近の収入が、令和5年度住民税が非課税相当となる人(申請が必要です。)

注意事項

原則、「ひとり親世帯」の給付金と、「その他の子育て世帯」の給付金は重複して受給できません。

制度全般のお問合わせ先

厚生労働省「子育て世帯生活支援特別給付金」コールセンター

受付時間:平日9時~18時
電話:0120-400-903

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 社会福祉課
〒671-2573
宍粟市山崎町今宿5番地15
電話番号:0790-63-3067
ファックス番号:0790-63-3140

メールフォームでのお問い合せはこちら