女性に対する暴力をなくす運動 11月12日~25日

広報ID 8593

更新日:2020年11月01日

11月12日から25日までは国の男女共同参画推進本部(内閣府男女共同参画局が事務局)が定めた「女性に対する暴力をなくす運動」の実施期間です。
夫やパートナーからの暴力、性犯罪、売買春、セクシュアルハラスメント、ストーカー行為などの女性に対する暴力はその人権を著しく侵害するもので、決して許されるものではありません。
期間中、女性に対する暴力根絶のための啓発活動や、ポスターやリーフレットを活用したキャンペーンなどが全国各地で実施されます。
この機会に市民、地域団体やNPO、企業、行政等が一体となって、暴力に悩む女性を生み出さない、暴力を許さない社会づくりに取り組みましょう。

テーマは「性暴力をなくそう」

勝手に「YES」と思い込むのは「NO」

たとえ

  • 家に来てくれても
  • はっきり嫌だといわれなくても
  • どんな服装でも
  • ボディータッチされても
  • 結婚していても、恋人同士でも
  • 二人きりで食事しても

相手の 同意のない性的な行為は、性暴力です。

性犯罪・性暴力で悩んでいる人へ

一人で悩まず、全国共通番号から相談を。相談や連絡に関する秘密は守られます。

内閣府:性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター

#8891(はやくワンストップ)

警察庁:性犯罪被害相談電話

#8103(ハートさん)

女性に対する暴力をなくす運動の漫画

内閣府男女共同参画局の女性に対する暴力をなくす運動の描きおろし漫画を掲載します。

令和元年度内閣府男女共同参画局女性に対する暴力をなくす運動の描きおろし漫画。詳細は次で説明。

女性「知ってますか?無理やりに性交等をされた女性は13人に1人」

被害を受けた女性の約6割、男性の約4割はどこにも相談してない。

性暴力は、心身に深刻な影響を与え、学校や仕事はもちろん、その後の生活にも及ぶことが多いです。

まず、専門の相談機関へ
「性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター」
全国共通番号は、#8891(はやくワンストップ)

人形「電話相談や面談・同行支援(病院・警察・弁護士など)をします」
女性「被害直後から、中長期に対応します」

人形「婦人科での緊急避妊の支援が受けられます」
女性「匿名でかまいません。保険証なくていいです」

女性相談員が対応します。

もし、あなたの友人が性被害に遭ったら、ワンストップセンターを紹介してあげてください。
あなたの正しい知識が友人を救います。

女性「性暴力は重大な人権侵害です。性暴力をなくそう。一人で悩まず、相談してください。」
男性も相談できます。

パープルライトアップ

11月12日から25日の運動期間中、宍粟防災センターを紫にライトアップします。パープルライトアップには、女性に対するあらゆる暴力の根絶を広く呼びかけるとともに、被害者に対して「ひとりで悩まず、まずは相談をして」というメッセージが込められています。紫は女性に対する暴力根絶のシンボルカラーです。
「女性に対する暴力をなくす運動」期間の初日である11月12日は、内閣府が東京スカイツリーなどのランドマークを紫にライトアップします。

平成29年度のパープルライトアップ写真

平成29年に実施したパープルライトアップの様子

日時

令和2年11月12日~25日17時~22時

場所

宍粟防災センター1階

女性に対する暴力をなくす運動ポスター展

過去に内閣府が作成した、女性に対する暴力をなくす運動ポスターと漫画家西原理恵子さんによる書下ろし漫画などが並ぶ「女性に対する暴力をなくす運動ポスター展」を開催します。

日程

令和2年11月2日~25日

場所

宍粟防災センター1階ロビー

DV・デートDV防止講演会

「気づいてますか?DVの背景に潜むジェンダー規範」と題した講演会を開催します。

講師

遠矢家永子さん(NPO法人SEAN前副理事長、高槻市議会議員)

日時

令和2年11月22日(日曜日)10時~11時30分

場所

宍粟防災センター5階ホール

関係リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 人権推進課
〒671-2576
宍粟市山崎町鹿沢65番地3
宍粟防災センター2階
電話番号:0790-63-0840
ファックス番号:0790-63-0841

メールフォームでのお問い合せはこちら