しそうのこども生き活き応援金

更新日:2020年05月13日

新型コロナウイルスの影響を受けている子育て世帯を支援するため、宍粟市独自の取り組みとして「しそうのこども生き活き応援金」を給付します。

宍粟市から児童手当(特例給付を除く)を受給している平成16年4月2日から令和2年3月31日生まれの子どもがいる人が対象です。

・公務員の人は令和2年3月31日時点に宍粟市に住民登録があり、職場で児童手当を受給している人が対象です。

支給額

対象児童一人2万円

支給対象者の要件を拡充

児童手当受給者が単身赴任等で市外に居住(住民登録)している場合でも「しそうのこども生き活き応援金」を給付します。

対象者

対象は令和2年3月31日時点で支給対象となる児童が市内に居住し、児童手当の受給者が宍粟市外に居住(住民登録)し市外の市町から児童手当を受給している人(特例給付の支給を受けている人は対象外)です。

申請が必要

受給するには申請が必要です。支給要件に該当する場合は次の申請書に必要事項を記入のうえ社会福祉課へ提出してください。

支給時期

申請受付後、審査が終わり次第支給します。

宍粟市から児童手当を受給している人(公務員以外)

支給対象者

  • 令和2年4月分の児童手当を受給している人
  • 令和2年3月に中学校を卒業した子どもがいる令和2年3月分の児童手当を受給した人

ご注意

  • 特例給付として児童一人につき月額5,000円の支給を受けている人は所得制限限度額を超えているため対象外です。
  • 4月1日以降(転出予定日が4月1日以降)に市外へ転出した場合は、支給対象外です。なお、新高校1年生は令和2年3月分の児童手当が宍粟市から支給される場合は支給対象です。
  • 児童手当現況届未提出や書類不備等により差し止めや保留になっている場合は、今後必要書類等を提出し差し止めや保留が解消され令和2年4月分の児童手当が受給できれば、支給対象となります。ただし、令和3年3月31日を過ぎて受け取ることはできません。
  • 支給対象者が死亡した場合などでも令和2年4月分の児童手当の受給資格があれば支給の対象です。

対象児童

  • 令和2年4月分児童手当の支給対象児童
  • 令和2年3月に中学校を卒業した児童

ご注意

  • 平成16年4月2日から令和2年3月31日生まれの児童が対象です。
  • 児童が施設入所している場合は、令和2年4月分の児童手当を受給している施設等に支給します。
  • 支給対象児童が死亡した場合などでも令和2年4月分の児童手当の受給資格があれば支給の対象です。

支給時期

令和2年5月27日(児童手当を支給している口座に振り込みます。)

申請

申請は不要です。

  • 宍粟市から児童手当を受給していない公務員の人は申請が必要です。

ご注意

  • 給付金の振込口座は児童手当を受給している口座と異なる口座を指定することはできません。また、児童手当の受給者以外の人に振込むことはできません。
  • 児童手当を受給していた振込口座が解約済など給付金の支給に支障が生じる恐れがある場合は、児童手当の指定口座の変更手続きが必要です。社会福祉課へお問合せください。令和2年12月末までに口座解約や変更等により振り込みができない場合は、しそうのこども生き活き応援金を支給することはできません。

支給の辞退

しそうのこども生き活き応援金の支給を辞退する場合は「受給拒否の届出書」と本人確認書類を提出期限までに社会福祉課へ提出してください。
届出書の用紙は次の様式等ダウンロードするか、社会福祉課へ問い合わせください。
応援金の支給(振込)までに停止の手続きが間に合わない場合は、返金等の手続きを別途お知らせします。

提出期限

令和2年5月29日(金曜日)消印有効

様式等ダウンロード

児童手当を受給している公務員

児童手当を受給している公務員の支給対象者、対象児童、支給額は「宍粟市から児童手当を受給している人」と同じです。

申請方法

令和2年3月31日時点で宍粟市に住民登録がある人に支給します。
申請書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、社会福祉課へ提出してください。

「子育て世帯への臨時特別給付金」を宍粟市へ申請する場合は、勤務先の証明や金融機関口座確認書類、本人確認書類を省略することができますので、この応援金の申請とあわせて提出してください。申請方法は次の2種類です。

  • 郵送申請:提出書類を郵送で社会福祉課へ提出
  • 窓口申請:提出書類を社会福祉課へ提出

申請書ダウンロード

申請期間

令和2年6月1日~11月30日

  • 申請期間は「子育て世帯への臨時特別給付金」と同じ期間です。

ご注意

やむを得ない場合を除き、申請期間内に申請がない場合は、しそうのこども生き活き応援金を受け取ることができません。

支給時期

審査が終わり次第、随時支給します。

その他

  • 令和2年4月分の児童手当の支給を配偶者(DV加害者)が受けている場合で、暴力を理由に対象児童と一緒に避難している人は、給付金を受け取ることができる場合がありますので、なるべく早くご相談ください。
  • しそうのこども生き活き応援金の支給を受けた後に支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合や偽りその他不正の手段により応援金の支給を受けた場合は、応援金の返還を求めます。
  • 自宅や職場に社会福祉課から問合せをすることがありますが、ATM(現金自動支払機)の操作をお願いしたり支給のための手数料などの振込みを求めることは絶対にありません。もし不審な電話がかかってきた場合は、すぐに社会福祉課または最寄りの警察にご連絡ください。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 社会福祉課
〒671-2573
宍粟市山崎町今宿5番地15
電話番号:0790-63-3067
ファックス番号:0790-63-3140

メールフォームでのお問い合せはこちら