宍粟市第三次行政改革大綱

更新日:2019年03月15日

平成27年度に新たに策定した第2次総合計画では「人と自然が輝き みんなで創る 夢のまち」の実現に向け、各施策に取り組んでいくこととしていますが、人口減少や少子高齢化が進み、将来的に厳しい財政状況が見込まれる中で、それらの施策を実施していくためには健全で計画的な財政運営を行っていく必要があります。
これまでも様々な行財政改革に取り組んできましたが、第二次行政改革大綱の計画期間が平成27年度で満了するにあたり、効果的かつ効率的で持続可能な行財政運営を推進していくため、新たに平成28年度から開始する第三次行政改革大綱を策定しました。

パブリックコメントの結果

平成27年8月18日から平成27年9月18日までパブリックコメントを募集しましたが、応募はありませんでした。

今後の取組み

 第三次宍粟市行政改革大綱に基づき行政改革を進めるため、推進計画に示す各取組項目について年度ごとに「取組計画」を策定し、結果を「取組実績」としてまとめていきます。

平成28年度の成果と平成29年度の計画

平成29年度の成果と平成30年度の計画

平成30年度の成果と令和元年度の計画

この記事に関するお問い合わせ先

企画総務部 地域創生課
〒671-2593
宍粟市山崎町中広瀬133番地6
電話番号:0790-63-3066
ファックス番号:0790-63-3060

メールフォームでのお問い合せはこちら