ガバメントクラウドファンディング 事業を紹介

広報ID 8249

更新日:2020年12月28日

市が募集するガバメントクラウドファンディングの事業を紹介します。

ガバメントクラウドファンディングとはふるさと納税制度を活用したクラウドファンディングです。寄付者が寄付金の使い道をより具体的に選ぶことができるふるさと納税です。

クラウドファンディングとは、実現したいプロジェクトの情報発信することで、そのプロジェクトに対して共感した、応援したいと思ってくれる人たちから資金を募ることです。

募集中のプロジェクト

NPO法人More繁盛(はんせ)が旧繁盛小学校をリノベーションし、未来を創るビジネスを多角的に企画、推進するガバメントクラウドファンディングを令和3年3月1日まで募集しています。

山間部の小学校跡をリノベしゲストハウスに改修

宍粟市最北部に位置する繁盛地区は、千町ヶ峯や段ヶ峯など1,000メートル級の山を有し、豊富な地域資源を活かした林業や農業、養蚕などの1次産業が発達していました。しかし、近年は林業の衰退や2次産業、3次産業への移行による都市部への人口の流出や少子化により急激に過疎化、高齢化が進んでおり、平成28年には地元の小学校である繁盛小学校が創立143年をもって閉校となりました。そんな中、繁盛地区の活性化を図るべく旧繁盛小学校は「ゲストハウス繁盛校」に生まれ変わります。

旧繁盛小学校校舎外観の写真

ゲストハウス繁盛校

瓢箪で作ったランプがオレンジ色にほのかに輝いている写真

ゲストハウス繁盛校では、地元にある瓢箪や廃材のほか、繁盛地区の住民から、寄付していただいたものを活用し、本来であれば捨てられるはずの廃棄物に、デザインやアイデアといった付加価値を加えることで、別の新しい製品に生まれ変わらせる「アップサイクル」の思想を推進します。

ゲストハウス内の至る所に「アップサイクル」の工夫を施します。

子どもたちが遊んでいる絵が描かれたゲストハウスはんせ校のイメージ図
繁盛米のごはんやジビエのお肉、にゅうめんのお汁など地元の食材がふんだんに使用されたジビエセットの写真

1階

繁盛地区を訪れる人と地元の人が気軽に交流できる空間へ

  • ジビエ料理や日本酒を飲みながら交流できるコミュニティスペース
  • 健康体操やバイカーがお昼寝できる共有休憩室

など

2階

ゲストハウスとしての宿泊機能を整備

  • グループで宿泊できる混合ドミトリー(和室)
  • ファミリーやプライベート空間が欲しい人の個室(和室)
  • ユニットバスやシャワールーム、トイレなどの整備

寄付金の使い道

令和3年4月に「ゲストハウス繁盛校」のオープンをめざし、本プロジェクトへの寄付金は以下の一部として活用させていただきます。

  • 旧校舎改修費用
  • 大工工事費:ゲストハウスへの改修費用(旅館業適応、消防法適用、造作)
  • 水道工事費:老朽化の補修(水道管破裂、水漏れによる復旧工事)
  • 電気設備費:老朽化の補修(電気およびネット回線の引き直し、低電圧化への工事など
  • 返礼品費用:10,000円以上の寄付をいただいた人には、宍粟市自慢の返礼品を用意しています。

寄付募集期間

令和3年3月1日まで

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 地域創生課
〒671-2593
宍粟市山崎町中広瀬133番地6
電話番号:0790-63-3066 
ファックス番号:0790-63-3060

メールフォームでのお問い合せはこちら