新型コロナ DV被害「悩まず相談を」

広報ID 10020

更新日:2020年04月28日

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、外出自粛や休業などが行われている中、生活不安やストレスにより、配偶者等からの暴力(DV)の増加や深刻化が懸念されています。
DVを含め女性に対する暴力は、重大な人権侵害であり、いかなる状況にあっても決して許されるものではありません。

配偶者等からの暴力(DV)で不安を感じたら、一人で悩まず、相談窓口に相談してください。また、周りで被害に困っている人がいたら、一人でも多くの人が相談や支援につながることができるよう協力してください。

全国共通の相談ナビダイヤル

DV相談ナビ

電話番号:0570-0-55210

夫婦の間で「暴力を振るわれている」「つらい」と感じたら、相談してください。
最寄りの配偶者暴力支援センターにつながります。
また、緊急の場合には、ためらわずに110番通報をしてください。

DV相談+(プラス)

電話番号:0120-279-889

相談時間は9時から21時まで(令和2年4月29日からは24時間対応)

外国語相談にも対応(令和2年5月1日12時から)

メールやチャットでの相談もできます。詳しくは下記ホームページへ。

「DV相談+(プラス)」(内閣府ホームページへ外部リンク)

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 人権推進課
〒671-2576
宍粟市山崎町鹿沢65番地3
宍粟防災センター2階
電話番号:0790-63-0840 
ファックス番号:0790-63-0841

メールフォームでのお問い合せはこちら