災害に便乗した悪質商法に注意

広報ID 10940

更新日:2020年08月12日

災害に便乗した悪質商法に気をつけましょう。
近年、地震、台風、豪雨、大雪などの大きな自然災害が発生すると、これらに便乗して、住宅の修繕費用の保障に係る保険金の申請代行や修繕について、悪質な勧誘を行う事例が全国で発生しています。

こんな勧誘に注意

豪雨等の被害を調査すると告げ、調査後、本来必要ないのに「壊れているから工事が必要」といったり「保険を利用すれば実質的に無料で修理できる」などと契約を迫る業者とのトラブルが多く発生しています。一人暮らしで高齢の人はご注意ください。

  • 保険金請求代行のコンサルタント料(成功報酬)や修理費用は、おりた保険金で対応できるという勧誘
  • 保険の対象となるかの確認もしないまま、保険金請求手続きの代行を持ちかけるなどの勧誘

怪しいと思ったらすぐ相談

不審な電話や怪しい訪問があったら、すぐに相談しましょう。

住まいるダイヤル

住宅に関する様々な相談にお答えします。

0570-016-100

消費者ホットライン

局番なしの 188(いやや)

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 人権推進課
〒671-2576
宍粟市山崎町鹿沢65番地3
宍粟防災センター2階
電話番号:0790-63-0840
ファックス番号:0790-63-0841

メールフォームでのお問い合せはこちら