新型コロナ 国民健康保険 資格証明書の取扱い

広報ID 9901

更新日:2020年12月25日

国民健康保険被保険者資格証明書(以下、資格証明書)をお持ちの人が発熱等の症状があり新型コロナウイルス感染症の疑いでかかりつけ医等の医療機関や受診・相談センターに電話相談し、県が指定する診療・検査医療機関を受診した場合は、被保険者証と同様に医療費の負担が3割(70歳から74歳の一部の人は2割)になります。

診療・検査医療機関で発行された処方せんに基づく調剤薬局での支払いも同様です。受診の際には資格証明書を提示してください。この取扱いは令和2年12月診療から適用されています。

令和2年3月診療から「帰国者・接触者外来」を受診した場合は被保険者証扱いにすることとなっていますが、このたび受診体制の運用が変更され、この取扱いになりました。
なお、新型コロナウイルス感染症以外で受診した場合の医療費は、これまでどおり10割の負担です。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 市民課
〒671-2593
宍粟市山崎町中広瀬133番地6
電話番号:0790-63-3108
ファックス番号:0790-62-2987

メールフォームでのお問い合せはこちら