宍粟市みんなの心つなぐ手話言語条例

手話言語条例の制定は西播磨地域で初

平成28年3月11日第68回宍粟市議会定例会において「宍粟市みんなの心つなぐ手話言語条例」が全会一致で可決されました。

この条例は、手話が一つの言語であることを市民1人1人が認識し、手話の普及と手話が使いやすい環境づくりを推進し、聞こえない人と聞こえる人がお互いの個性や人格(言語や文化、考え方)を尊重し、安心して暮らすことできる宍粟市を目指して制定するものです。

下の写真は「アイラブユー」の手話で喜びを分かち合うろうあ協会と関係者の皆さん。

3月11日手話言語条例制定時の集合写真

3月11日議場での手話通訳1

この日、議場内に初めて手話通訳が入りました。

3月11日議場での手話通訳2

県内各地よりろうあ協会、支援者の方々が議会傍聴にかけつけました。

宍粟市みんなの心つなぐ手話言語条例(PDF:19.2KB)

条例パンフレット(PDF:2.8MB)

お問い合わせ先
健康福祉部 障害福祉課 
〒671-2573 
宍粟市山崎町今宿5番地15 
電話番号:0790-63-3101 
ファックス番号:0790-63-3062 
メールフォームでのお問い合せはこちら