想定最大規模降雨による洪水浸水想定区域図等の公表

更新日:2020年07月14日

洪水氾濫による人的被害の軽減を図ることなどを目的として改正された水防法(平成27年7月)に基づき、国と県が管理する河川について想定し得る最大規模の降雨(想定最大規模降雨)により当該河川が氾濫した場合の洪水浸水想定区域などが兵庫県と国土交通省姫路河川事務所の公式サイトで公表されています。

公表されている浸水想定区域図

洪水想定区域図、家屋倒壊等氾濫想定区域図、洪水浸水想定区域図が公表されています。公表された区域図は下の関連リンクからご覧になれます。

浸水想定区域図

洪水浸水想定区域及び浸水した場合に想定される水深、浸水継続時間を示した洪水浸水想定区域が公表されています。発生頻度の高い洪水に対し対策を検討できる計画規模の降雨(河川整備目標降雨)による洪水浸水想定区域も公表されています。

家屋倒壊等氾濫想定区域図

家屋等の倒壊や流出をもたらすような堤防決壊に伴う激しい氾濫流や河岸侵食の発生することが想定される家屋倒壊等氾濫想定区域が公表されています。

洪水浸水想定区域(想定最大規模降雨)の基準

市内河川の洪水浸水想定区域(想定最大規模降雨)算定に用いられる雨量は次のとおりです。

市内河川の洪水想定区域(想定最大規模降雨)算定雨量
河川名 洪水浸水想定区域(想定最大規模降雨)算定に用いる雨量
揖保川流域 354mm(12時間あたり)
千種川流域 578mm(24時間あたり)

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり推進部 消防防災課
〒671-2593
宍粟市山崎町中広瀬133番地6
電話番号:0790-63-3119
ファックス番号:0790-63-3064

メールフォームでのお問い合せはこちら