しそうの子ども生き活きプラン

しそうの子ども生き活きプラン(平成30年3月策定)

 宍粟市では、平成20年8月に義務教育の振興に係る10年間の構想「しそうの子ども生き活きプラン」を策定し、学校・家庭・地域が一体となって宍粟の教育に取り組んできました。

 現在、本市では少子化・過疎化が予想を上回るスピードで進んでおり、児童数の減少が続いています。一方で、技術革新やグローバル化・多様化の波はさらに広がり、宍粟の子どもたちを取り巻く環境は、今後ますます変化していくことが予想されます。

 こうした状況をふまえ、宍粟市では長期の視野に立って教育施策を定めるとともに、地域総がかりによる新しい時代の学校教育を確立すべく、新たな10年へ向けた構想「しそうの子ども生き活きプラン」を策定しました。

 

 本構想を手にとられる皆さまにおかれましても、「新しい学校」づくりに積極的に参画いただき、本市の未来を明るく確かなものにするため、より一層のご支援ご協力を賜りますようお願いいたします。

 

 子ども、学校、宍粟の未来を輝かせる義務教育の10年構想

 ~夢と自信をもち 魅力あふれる宍粟の明日を担う人づくり~

しそうの子ども生き活きプラン2018(PDF:11.3MB)

しそうの子ども生き活きプラン後期基本計画(平成25年4月策定)

 宍粟市では、平成20年に宍粟市義務教育の振興に係る長期構想及び前期基本計画「しそうの子ども生き活きプラン」を策定し、基本構想に定める「育もう夢と希望 拓こうまちの未来 創りあげよう宍粟の教育 ― 明日の宍粟を担う 知・徳・体のバランスのとれた人づくり ―」の実現に向け、教育を進めてきました。

 後期基本計画は、前期5年間の基本計画を検証するとともに見直し作業を行い、平成29年度までの5年間にわたる宍粟の教育が進む方向を示すものとなっています。

しそうの子ども生き活きプラン後期基本計画(PDF:6.7MB)

しそうの子ども生き活きプラン (平成20年8月策定)

 宍粟市では、今後の10年間とさらにその先の未来を見据えて、新しい学校教育の創造に向けた義務教育の長期構想「しそうの子ども生き活きプラン」を策定しました。本プランには、平成20年1月に実施した「義務教育に関する意識調査」の保護者や教職員など関係者のニーズや思いが反映されています。


育もう夢と希望 拓こうまちの未来 創りあげよう宍粟の教育
~明日の宍粟を担う 知・徳・体のバランスのとれた人づくり~

しそうの子ども生き活きプラン(PDF:3.9MB)

義務教育に関する意識調査報告書(概要版)(PDF:73KB)

義務教育に関する意識調査報告書(本編)(PDF:697.9KB)

お問い合わせ先
教育部 学校教育課
〒671-2593
宍粟市山崎町中広瀬133番地6
電話番号:0790-63-3118
ファックス番号:0790-62-0065
メールフォームでのお問い合せはこちら