家原遺跡公園

家原遺跡公園内地図(PDF:595.6KB)

家原遺跡のあらまし(PDF:334.9KB)

古代の村

縄文時代のすまい

縄文時代の竪穴式住居の写真

家原遺跡・福野遺跡・森添遺跡で見つかった竪穴式住居は、2本の柱を支えとして建てられ、中央には石囲いの炉があります。
平成26年7月に改築・移築しました。

弥生時代のすまい

弥生時代の竪穴式住居の写真

弥生時代の竪穴式住居は、縄文時代より柱の数が多く、6本の柱で住居を支えています。
平成26年7月に改築・移築しました。

古墳時代のすまい

古墳時代の竪穴式住居の写真

古墳時代の竪穴式住居は、床を固くたたきしめたあとが見られ、建物の内部にはカマドも作られていました。
平成26年7月に改築・移築しました。

中世の村

中世のすまい

中世の復元建物の写真

鎌倉時代の豪族屋敷や農家などを復元した建物で、これは貴族の寝殿造を手本にして建てられたものと言われています。

竹わら工房

竹の工房の写真

竹わら工房の外観は、江戸時代の後期文政年間(1818年から1829年)にはすでに建てられていたと推定される宍粟市一宮町内の古い農家を移築したものです。工房内では竹細工体験を実施しています。

竹細工1日体験

木の工房

木の工房の写真

木の工房の外観は宍粟市一宮町の須行名公民館を移築・復元したもので、以前は伊和神社の舞台として使用されていたこともありました。その名残が、鴨居の装飾からうかがえます。工房では木工ろくろ体験を実施しています。

木工ろくろ1日体験

土の工房

土の工房の写真

土の工房の外観は宍粟市一宮町千町にあった繁盛小学校千町分校をモデルにして建てられています。工房内には陶芸用のろくろ・焼窯を設置し、陶芸教室を実施しています。

陶芸教室

まほろばの湯

平成14年オープンの日帰り温泉です。地下1300メートルにある大昔の地層から湧き出ている温泉で、ミネラルを多く含み色々な効能があります。湯船につかりながら対岸の山々の雄大な景色を楽しめます。

まほろばの湯(しそう観光協会サイト)

地図情報

お問い合わせ先
宍粟市歴史資料館
〒671-4113
宍粟市一宮町三方町633番地
電話番号:0790-74-8855
ファックス番号:0790-74-8080
メールフォームでのお問い合せはこちら