へい死動物の取り扱いについて

更新日:2019年03月15日

へい死動物とは、行き倒れたり、自動車にひかれて死亡した動物のことです。
死んでいる野生動物の処理については、発見した場所によって対応が違います。

野生動物(シカやイノシシなど)が死んでいるときは・・・

発見した場所の管理者(所有者)が処理しますので、下記の連絡先へ発見場所を詳しくお知らせください。

動物の場所が不明な場合のために、連絡していただいた方の氏名、連絡先をお聞きします。

また、夜間に連絡を受けたときは、処理が翌日になる場合があります。

国道・国管理の河川

国土交通省 山崎維持出張所 (電話)

0790-62-0714

夜間休日の場合は、道路情報室 (電話)

079-222-3686

県道・県管理の河川

兵庫県龍野土木事務所 宍粟事業所 (電話)0790-62-0049

市道・公共的な里道、水路

市役所または各市民局へ連絡をお願いします。

電話

  • 市役所 63-3000
  • 一宮市民局 72-1000
  • 波賀市民局 75-2220
  • 千種市民局 76-2210

自治会や農会管理の防護柵など

柵の管理者で処理してください。

個人の所有地

所有者自身で処理してください。

個人所有地の処分方法の例

  1. 自分の山へ埋める。
  2. 自分で火葬場へ持ち込み火葬する → 火葬料金が必要です。
  3. シルバー人材センターへ依頼する → 処理委託料と火葬料金が必要です。

 

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 環境課
〒671-2593
宍粟市山崎町中広瀬133番地6
電話番号:0790-63-3506
ファックス番号:0790-63-3063

メールフォームでのお問い合せはこちら