4月は若年層の性暴力被害予防月間

広報ID 10040

更新日:2021年04月09日

10代、20代に対する性暴力の手口が巧妙になっています。同意のない性的行為の強要は、いかなる理由や関係性であってもすべて性暴力です。性暴力に関する情報をみんなで共有して、社会全体で性暴力をなくしていきましょう。

2021年4月若年層の性暴力被害予防月間リーフレット画像

性的な行為の強要は性暴力

同意のない性的な行為の強要は全て性暴力です。

  • AV出演強要
  • JKビジネス
  • レイプドラッグ
  • 酔わせて性的行為を強要
  • SNSを利用した性被害(自撮り画像を勝手に掲載される、なりすました相手からの性暴力)
  • セクシュアルハラスメント
  • 痴漢

性犯罪・性暴力で悩んでいる人へ

あなたの不安に寄り添いながら支援をする公的な相談窓口があります。

性犯罪・性暴力被害相談窓口

性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター(内閣府)

全国共通番号 #8891 (はやくワンストップ)

最寄りのワンストップ支援センターにつながります。
性犯罪や性暴力に関する相談について、関係機関と連携し、産婦人科医療、相談やカウンセリングなどの心理的支援、捜査関係の支援、法的支援等を行う公的な支援窓口です(各センターによって支援内容は異なります)。
受付時間など詳しくは次のリンクをご覧ください。

性犯罪被害相談電話(警察)

全国共通番号 #8103 (ハートさん)

性犯罪や性暴力被害などの相談に応じる警察の窓口です。
発信場所を管轄する都道府県警察の性犯罪被害相談電話につながります。
土日祝日と執務時間外は当直が対応されます。

「AV出演強要」「JKビジネス」に関するトラブル

「AV出演強要」や「JKビジネス」の被害、相談窓口の紹介(内閣府)

詳しくは次のリンクをご覧ください。

警察相談専用電話(警察)

全国共通番号 #9110

犯罪被害の未然防止に関する相談等、各種相談に応じる警察の窓口です。
発信場所を管轄する都道府県警察の本部の総合窓口につながります(最寄りの警察署でも対応します)。
土日祝日と執務時間外は24時間受付体制の一部県警を除き、当直または音声案内の対応になります。

性的画像を含むインターネット上の問題

女性の人権ホットライン(法務局・地方法務局)

0570-070-810 (ゼロナナゼロのハートライン)

平日午前8時30分から午後5時15分まで、最寄りの法務局・地方法務局につながります。
女性をめぐる様々な人権問題についての相談窓口です。
性的な画像を含むインターネット上の人権侵害情報についても相談に応じており、削除依頼の方法などの助言に加え、事案に応じてプロバイダ等に対する削除要請を行います。

違法・有害情報相談センター

WEBフォームにて24時間受付しています。
インターネット上の名誉棄損、プライバシー侵害、人権侵害などに関する書き込みへの対応や、削除要請方法、その他トラブルに関する対応方法などについて、アドバイスします。
詳細については、下記のリンクからご覧ください。

職場におけるセクシュアルハラスメント

都道府県労働局雇用環境・均等部(室)

職場で受けたセクシュアルハラスメントについては、各都道府県労働局雇用環境・均等部(室)にご相談ください。詳しくは次のリンクからご覧ください。

犯罪被害者支援

日本司法支援センター(法テラス)

法テラス犯罪被害者支援ダイヤル 0570-079714 (IP電話からは 03-6745-5601

平日は9時から21時まで、土曜日は9時から17時まで

メールでのお問い合わせは法テラス公式サイト(外部リンク)で24時間受付中。
様々な法的トラブルの解決に役立つ適切な法制度や相談窓口が紹介してもらえます。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 人権推進課
〒671-2576
宍粟市山崎町鹿沢65番地3
宍粟防災センター2階
電話番号:0790-63-0840
ファックス番号:0790-63-0841

メールフォームでのお問い合せはこちら