第2次宍粟市総合計画(基本構想・前期基本計画)

更新日:2019年07月01日

総合計画策定の目的

宍粟市では、合併後に策定した第1次宍粟市総合計画に基づき、地域の一体感の醸成と均衡ある市の発展をめざし、新たなまちづくりへの取組みを進めてきましたが、人口減少、少子高齢化、過疎化の進行は深刻な課題となっています。

こうした状況を踏まえ、人口減少を最小限に止め持続可能なまちづくりを進めていくため、人口減少対策を最重点課題として、これから10年間で本市がめざす姿の実現に向けた道筋を示す「第2次総合計画」を策定しました。

総合計画策定の流れ

計画の策定にあたっては、市民アンケートやタウンミーティング、パブリックコメントなど、市民の皆さんの意見や提案を参考に、宍粟市総合計画審議会において合計11回の慎重審議を重ねる中で答申を受け、平成27年12月に宍粟市議会において可決されました。

【参照】第2次総合計画策定にあたっての取組みについて

総合計画の構成

本計画は、宍粟市のめざす将来像などを示した「基本構想」と、構想を実現するため施策の方向性を示した「基本計画」、基本計画に示した施策を実施するための具体的な事業を示した「実施計画」で構成します。

  • 基本構想 (平成28年度から平成37年度までの10年間)
  • 前期基本計画 (平成28年度から平成32年度までの5年間)
  • 実施計画 (3ヵ年のローリング方式で毎年策定)

第2次総合計画 【概要版】

第2次総合計画 【本編】

第2次総合計画 【本編】(データ分割)

基本構想 等

  • あいさつ
  • 目次
  • はじめに
  • 基本構想

前期基本計画

第1章 住み続けたい、住んでみたいまち
  1. 魅力と活力あふれる地域産業を育むまちづくり
  2. 快適に暮らせるまちづくり
  3. 環境にやさしいまちづくり
  4. 安全で安心なまちづくり
第2章 安心して子どもを産み育てられ、いつまでも元気に過ごせるまち
  1. 子どもが健やかに育つまちづくり
  2. 保健・医療・福祉が連携した安心のまちづくり
  3. 心豊かにいきいきと学べるまちづくり

参考資料

  • 「関連する個別計画」の概要
  • まちづくり指標一覧 ほか
この記事に関するお問い合わせ先

企画総務部 地域創生課
〒671-2593
宍粟市山崎町中広瀬133番地6
電話番号:0790-63-3066
ファックス番号:0790-63-3060

メールフォームでのお問い合せはこちら