ガバメントクラウドファンディング 事業成果を報告

広報ID 12186

更新日:2021年07月27日

ガバメントクラウドファンディングの事業成果を報告します。

山間部の小学校跡をリノベしゲストハウスに改修


一宮町地域の最北部に位置する繁盛(はんせ)地区では、林業の衰退や2次産業、3次産業への移行による都市部への人口の流出、少子化等により急激に過疎化、高齢化が進んでおり、平成28年には地元の小学校である繁盛小学校が創立143年をもって閉校しました。繁盛地区の活性化を図るべく、旧繁盛小学校を「ゲストハウス繁盛校」へ改修するプロジェクトが始動し、改修費用等を確保するため、ふるさと納税の仕組みを利用したガバメントクラウドファンディングを実施しました。

募集結果

寄付件数

33件

寄付額

1,784,000円

募集期間

令和2年12月2日~令和3年3月1日(90日間)

募集方法

  • ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」
  • 市役所窓口

成果報告

ゲストハウス:個室・ドミトリー

宿泊部屋の改修前の様子

改装途中の旧4年生教室

ゲストハウス繁盛校は旧繁盛小学校を再活用した宿泊施設です。混合ドミトリー、女性用ドミトリーのほか、個室があり、それぞれ落ち着きのある和室となっています。1人でも、気の合う仲間とでも宿泊が楽しめます。

宿泊部屋の改修後の様子

旧4年生教室が落ち着いた和室に

里山レストラン

ジビエ料理が味わえるレストラン

ジビエランチや日本酒バーが楽しめる里山レストランがオープンしました。栄養豊富なジビエ料理や地元野菜を使用したおばんざいなどが味わえます。
内装にもこだわり、里山ブリコラージュという思想のもと、繁盛地区や市内にある不要になったもの、ひょうたんランプ、廃材などを自分たちでリメイクし新たな価値をつけて再活用しています。

シャワールーム・全自動洗濯機

シャワー室の写真

シャワールーム

楽しく心地よく宿泊できるようにシャワールームや全自動洗濯機などの設備も充実しています。
これがあればタケノコ堀りや田植え、鮎つかみなど「More繁盛」が主催する四季折々の自然体験イベントも心置きなく楽しむことができます。

棚が設置された更衣室内の写真

更衣室

正面玄関

改修中の旧般瀬小学校玄関の写真

改修途中の正面玄関

プロの職人に依頼する大工工事や塗装作業と、「More繁盛」メンバーと関係者で実施したDIYを組み合わせ、経費削減に努めつつ魅力的なゲストハウスの正面玄関を作りました。

改修後の旧繁盛委小学校玄関の写真

魅力的な玄関に変身

やまだの里 棚田のあかり

一宮町山田自治会で毎年開催されている「やまだの里棚田のあかり」のイベント規模の拡大(ペットボタルと呼ばれるLEDライトの追加購入と点灯)および財源確保のため、ふるさと納税の仕組みを利用したガバメントクラウドファンディングを実施しました。

募集結果

寄付件数

14件

寄付額

251,000円

募集期間

令和元年9月13日~12月12日(91日間)

募集方法

  • ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」
  • 市役所窓口

成果報告

棚田の畦に灯りがともされた棚田のあかりの写真

例年の「棚田のあかり」は、ロウソク1,000個の灯籠とペットボタルと呼ばれるLEDライト2,000個を点灯し、10月初旬には地元野菜の物販等も含めた盛大なイベントです。

令和2年度は、コロナ禍によるイベント縮小により、2,000個のペットボタルのみ10月から2月まで点灯しました。

LEDライトの追加購入

購入したペットボタルの写真

寄付金を活用し、ペットボタルと呼ばれるLEDライトを追加購入しました。
今回購入したペットボタルは既存のものとは異なり、4色に発光するという特徴があります。15分毎にゴールドから緑、ピンク、青の4色に切り替わり発光します。
このライトは令和3年度のイベントから導入する予定です。これまで以上の幻想的な風景が演出できると期待しています。

LEDライトの回収も

田んぼの畦からペットボタル回収する地元住民らの写真

イベント後には全2,000個のLEDライトを回収します。1つずつ分解して清掃し、電池を取り外してから保管します。地域住民の多大な協力で「棚田のあかり」は開催できるのです。

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 地域創生課
〒671-2593
宍粟市山崎町中広瀬133番地6
電話番号:0790-63-3066 
ファックス番号:0790-63-3060

メールフォームでのお問い合せはこちら