不育症治療費の助成

更新日:2020年01月07日

不育症治療を受ける人の経済的負担を軽減するため、次のとおり治療に要する費用を助成します。

対象者

次の要件をすべて満たす夫婦が対象です。

  1. 宍粟市に住所を有する夫婦であること
  2. 2回以上の流産や死産、早期新生児死亡の既往があると医師に診断されていること
  3. 他の地方公共団体から不育症治療費の助成を受けていないこと
  4. 特定不妊治療費助成制度(兵庫県制度)に準じた所得制限以内であること
  5. 市税等を滞納していないこと

助成内容

1年度当たり30万円を限度とし、不育症の検査及び治療に要した費用を助成します。

事前相談

申請予定の人は手続き方法などを説明しますので、保健福祉課へご連絡ください。

必要書類

  • 申込書
  • 受診等証明書
  • 治療費の領収書
  • 印かん
  • 預金通帳
  • 住民票(夫と妻の続柄が分かるもの)の写し
  • 夫と妻の市県民税の所得課税証明書

様式ダウンロード

申込書と受診等証明書は下記よりダウンロードできます。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 保健福祉課
〒671-2573
宍粟市山崎町今宿5番地15
電話番号:0790-62-1000
ファックス番号:0790-62-6354

メールフォームでのお問い合せはこちら