精神障害者保健福祉手帳

更新日:2019年04月01日

対象者

兵庫県内(神戸市を除く)に居住しており、精神疾患を有する人(精神保健福祉法第5条の定義による精神障がい者)のうち、精神障がいのため長期にわたり日常生活または社会生活への制約があるかたを対象とするもので、統合失調症、躁うつ病(気分(感情)障害)、非定型精神病、てんかん、中毒精神病、器質精神病、その他の精神疾患の全てが対象となりますが、精神障がいが精神遅滞だけの場合は療育手帳制度があるため対象には含まれません。

障害等級

手帳には、精神障がいの程度により、1級、2級、3級の3つの等級があります。等級の認定は、申請時に提出していただく医師の診断書または障害年金証書等の写しにより行います。障害等級1から3に該当しない場合は、不承認になります。

有効期限

交付日から2年が経過する日の属する月の末日です

  • 新規申請の例:平成28年6月15日交付の場合、平成30年6月30日まで有効
  • 更新申請:前回の有効期限の翌日から2年後の日が、新たな有効期限になります。

申請に必要な書類

  • 精神障害者保健福祉手帳交付申請書
  • 顔写真(たて4センチ、よこ3センチ)1年以内に撮影した脱帽し上半身を写したもの
  • 同意書
  • 次のいずれかの申請方法による書類

診断書で申請する

  • 精神障害者保健福祉手帳診断書

年金証書等の写しで申請する

  • 障害年金証書写し(精神障がいを支給事由とする給付を受けていることを証するため)
  • 障害年金の年金振込通知書または支払通知書の写し(直近のもの)
  • 年金事務所等照会同意書

手帳と自立支援医療(精神通院)の同時申請

精神障害者保健福祉手帳診断書を利用して自立支援医療(精神通院)の診断書を省略することができます。 詳細については、自立支援医療(精神通院)のページでご確認ください。

申請時の注意事項

診断書

  • 診断書を作成できる医師は、精神保健指定医のほか、精神障がいの診断または治療に従事する医師となります。
  • 診断書作成時期については、初診日から6か月以上経過してからとなります。

  • 申請日の概ね3か月以内の作成年月日の診断書を提出してください。
  • 一度提出した医師の診断書の写しは交付しませんので、必要な場合は提出前に控えをおとりください。

写真

  • 申請書にはセロテープやのりで貼り付けずに持参ください。
  • デジタルカメラ等で撮影したものを家庭用プリンターで印画する場合は、写真用の用紙を使用してください。
  • スナップ写真であっても、サイズ内に本人のみの撮影で、規定の撮影像であれば利用できます。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部 障害福祉課
〒671-2573
宍粟市山崎町今宿5番地15
電話番号:0790-63-3101
ファックス番号:0790-63-3062

メールフォームでのお問い合せはこちら