ごあいさつ(令和元年7月1日)

豪雨災害から1年を迎えて

昨年7月の豪雨により、大きな被害を受けてから、今月6日で早1年を迎えます。

この間、市民の皆さま、国や県の関係機関、そして多くのボランティアの方々のご協力のもと、全力で復旧、復興に取り組んでまいりました。

また、全国から心温まる義援金や励ましのお言葉をお寄せいただき、人の温かみや絆を実感したところです。

改めて、ご協力いただいた全ての皆さまに心から感謝を申し上げる次第であります。

おかげをもちまして、復旧作業も概ね順調に進んでおります。しかしながら、被害が広範囲にわたるため、全ての復旧にはまだ時間を要するものと思います。今しばらくご迷惑をお掛けいたしますが、1日も早い復旧に努めてまいりますので、何卒、ご理解とご協力をお願いします。

先週、いよいよ梅雨入りが発表されました。統計史上、もっとも遅い梅雨入りとなりましたが、梅雨本番を迎え、台風や集中豪雨などが懸念される時期となります。少量の雨でも思わぬ災害を引き起こす可能性があります。不安な時には早めの避難や身の安全を守る行動をとっていただきますようお願いします。

これからはっきりしない空模様と蒸し暑い日々が続きます。健康に十分にご留意いただき、元気でお過ごしください。

令和元年7月1日

宍粟市長 福元晶三サイン

 

市長と一緒に宍粟のこと、地域のこと、話してみませんか?

市長との懇談「市長懇談会」にお申込みください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

企画総務部 秘書広報課 
〒671-2593 
宍粟市山崎町中広瀬133番地6 
電話番号:0790-63-3115 
ファックス番号:0790-63-3060

メールフォームでのお問い合せはこちら