播磨国宍粟郡広瀬宇野氏の史料と研究

更新日:2019年03月15日

 室町・戦国時代に篠ノ丸城と長水城を拠点に宍粟郡を支配した広瀬宇野氏は、天正8年(1580年)5月に羽柴秀吉軍の攻撃を受けて滅亡します。
 黒田官兵衛も参加したと伝わるこの合戦で、宇野氏に関する史料の多くが失われたため、長らく宍粟の中世史は虚実入り混じった歴史像が語られてきました。
 こうした状況にかんがみ、このたび宇野氏に関する史料を収集、編さんし、系譜や事績について専門的に検証した研究資料集を刊行しています。

紅葉で色づいた木立が並ぶ篠ノ丸城址の写真
広瀬宇野氏の史料と研究の表紙の写真

播磨国宍粟郡広瀬宇野氏の史料と研究

  • A4版
  • 並製本
  • 236頁
  • モノクロ(一部カラー)

販売価格

2,000円(税込)

別途送料が必要です。

購入できる場所

  • 社会教育文化財課(市役所4階)
  • 宍粟市立図書館
  • 宍粟市歴史資料館

郵送でも買える

郵送での購入がご希望の場合は、申込書を社会教育文化財課へファックスか、メールでお送りください。 払込票を送付します。振込みを確認後、図書を発送します。

その他の販売図書

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 社会教育文化財課
〒671-2593
宍粟市山崎町中広瀬133番地6
電話番号:0790-63-3117
ファックス番号:0790-63-1063

メールフォームでのお問い合せはこちら