山崎インター歩行者通路リニューアルへの動き

広報ID 16227

更新日:2023年01月18日

山崎インター歩行者通路リニューアル事業の写真

中国自動車道「山崎インター」歩行者通路のリニューアルに向けた動きを紹介します。

リニューアル概要

市の玄関口「山崎インターチェンジ」

山崎インター歩行者通路の現在の写真

山崎インターチェンジは、宍粟市の交通の要所であり、市の玄関口の一つとして非常に重要な役割を担っています。
昭和50年(1975)年の中国自動車道供用開始から約45年を経過した山崎インターチェンジ。特に高速バスの停留所へ続く歩行者通路は、著しく老朽化しており、暗い、汚い、怖いというイメージが先行する空間となっています。

リニューアルへの願い

令和3(2021)年、市役所女性職員有志(Shiso We Project)より、暗くて怖いイメージの山崎インター歩行者通路を、誰もが安心して通行でき宍粟市の魅力を発信できる空間に改修する提案がなされました。
プロジェクトの提案には「宍粟市に来てくださった人へのお出迎え、おもてなし」の気持ちや、山崎インターを利用する市民には「いってらっしゃい、お帰りなさい」の気持ちが伝わる空間とすることをめざし、市の魅力を高めたいとの願いが込められています。
誰もの出発点であり、帰る場所でもあるこの場所が、思い出深く、誇りある空間となるようなリニューアルに挑戦します。

想いをかたちに「いのちふきこむ 色へ」

美術作家植田志保氏写真

リニューアルに携わるのは、宍粟市一宮町出身で、美術作家の植田志保さん。「色のすること」と題した、色と色の出会いから動きが生まれる創作を行う植田さんが、市民のみなさんと出会い、芽生える動きを大切に、集い、広がり、寄り添いながら思いを育て、心寄せる居場所「色のする庭」を制作します。

植田志保さんプロフィール

記憶や意識に潜む色を捉え即興で行う対話描画をはじめ、ライブペイント、書籍のアートワーク、舞台での空間演出を手掛けるなど制作活動は多岐にわたる。国内外で作品を発表しており、平成30(2018)年、東京都豊島区のウイロードの再生プロジェクトを手掛ける。

ライブイベント

ライブペイント

リニューアルに向け、植田志保さんがライブペイントを行い、参加者から壁面デザインの素となる声を募ります。

いちのぴあ会場

日時:令和4年12月18日(日曜日)

  • 9時30分~ 受付
  • 10時~ ライブペイント
  • 11時~ トークイベント

イオン山崎店セントラルコート会場

日時:令和5年1月15日(日曜日)

  • 10時~ 受付
  • 10時30分~ ライブペイント
  • 11時30分~ トークイベント

作品展示

ライブイベントで制作した作品を展示します。

いちのぴあ会場

期間:令和4年12月18日(日曜日)~12月27日(火曜日)

イオン山崎店セントラルコート会場

期間:令和5年1月15日(日曜日)~1月31日(火曜日)

リニューアルに向け、あなたの声を聞かせてください

山崎インター歩行者通路のリニューアルにあたり、大切にしたいのは、「住む人の声」「行きかう人の声」、そして「場所の声」です。長い間、出会いや別れ、出発や終着の場所となってきたこの場所には、それぞれの思いが蓄積されています。日常の中で何気なく見過ごされてきた、その思いのこもった「声」を集め、集まった声をイメージにリニューアルデザインを制作します。

「声」をお寄せいただく方法

施設設置のボックスから投稿

次の場所・期間で投稿用のボックスを設置しています。ボックス横の備え付けの用紙で投稿ください。

設置場所と期間

設置場所 設置期間
イオン山崎店フードコート横 12月16日~2月28日
イオン山崎店セントラルコート 1月15日~1月31日
いちのぴあ市民ロビー 12月18日~2月28日
波賀市民局市民ロビー
ライブリーちくさエントランス
12月19日~2月28日

アンケートフォームで投稿

次のリンク先または二次元コードからアクセスできるアンケートフォームで投稿ください。

投稿期限

令和5年2月末

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書政策課
〒671-2593
宍粟市山崎町中広瀬133番地6
電話番号:0790-63-3139
ファックス番号:0790-63-3060

メールフォームでのお問い合せはこちら