「食品ロスダイアリー」モニターを募集

広報ID 13394

更新日:2021年09月15日

茹でたにんじんやごぼうなどの根菜類を種類別にプラスチックの保存容器に分けて入れたものが並んでいる写真

食品ロスの量や廃棄した理由などを記録する「食品ロスダイアリー」市民モニターの募集です。約1か月間続ければ素敵な記念品がもらえます。

食品ロスとは

食品ロスとは、「食べ残し」や「期限切れ」などにより、本来は食べられるのに、捨てられてしまう食品のことです。
国内では年間約600万トン、東京ドーム約5杯分ものロスが発生しています。
そのうちの約半分が一般家庭から排出されるものです。
だれもがムダなく買い物をしたり、料理したりすることで、ゴミの減量はもちろん焼却するための燃料も減らすことができ、二酸化炭素の排出抑制にもつながります。

募集内容

食品ロスは食品メーカーやスーパーマーケットなどで発生していると思いがちですが、量の半分は家庭から発生しています。
食品を買い、料理を作り、食べる私たちこそが「当事者」です。家庭の中で食品ロスがなぜ、どのくらい発生しているかの実態を知り、今後の削減対策や節約にも生かすため、市民モニターを募集します。

実施期間

10月18日~11月14日

定員

市内100世帯(申込多数の場合は先着順)

申込期限

10月6日

応募方法

次のいずれかの方法で応募してください。申込みをした人には「食品ロスダイアリー」などモニター調査に必要な書類一式をお届けします。

食品ロスダイアリー市民モニター申込フォームのQRコード画像

その他

食品ロスダイアリーとは

「食べ残し」など家庭での食品廃棄の状況などを日記形式で記録していくものです。

モニターの活動

期間中に「手つかず食品」や「食べ残し」などの量や廃棄した理由などを「食品ロスダイアリー」に記入後、提出していただきます。4週間の調査にご協力いただいた人へは、宍粟市消費者協会より記念品を進呈します。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 人権推進課
〒671-2576
宍粟市山崎町鹿沢65番地3
宍粟防災センター2階
電話番号:0790-63-0840 
ファックス番号:0790-63-0841

メールフォームでのお問い合せはこちら